メンがヘラりがち強化月間

 こんばんわ、くろしおりです。例になく画像なしでお送りさせていただきます、あまりスマホカバーに貼り付けるプリクラのノリでぺたぺたしているとこうやって文章を書いてくほどパソコンが重くなっていくので、ちょっと今回は、お・あ・ず・け♥ 昨今も人間向いてない日々を営んでおります。朝起きれない、他人との円滑なコミュニケーションが取れない、などなど。もう人間向いてないんですよ本当。言うなれば自分はヒトの形をした畜生ってところです。あまり自虐に走ると心に良くないと言いますね。ただ自分の場合、なんだかんだ言って心の奥底、いわゆる深層心理的には自分の事を一番かわいいなんて思ってたりするんじゃないでしょうか、じゃなきゃとっくに心のエラーを無限に吐いて人生シャットダウンしてるんじゃないかなと。まぁまたこの性格も嫌気がさすものですが。

 にしても「コミュニケーション」「会話」って難しいですね。何か喋るときはもごもごして相手にうまく伝わらず、聞き返されることが多々。端から見た自分の姿を想像すると非常に苦しい気持ちになります。逆も然り、相手の言う言葉をうまく聞き取れない節があるんですね。それで何度も聞き返したりしちゃうと、会話が円滑に進まなくなり、またこれも心のうちに(あぁまたコミュ障丸出しの会話をしてしまった...)と後悔し、以後何も喋れなくなってしまうのです。他人が他人同士で楽しそうに会話してるのを、静かに、けれども非常に羨ましながら眺めていることが最近多いです。。

 どうすれば他人と打ち解けられるんでしょう。そもそも自分はどういう人と打ち解けて会話してるのか?・・・それは何を隠そう、自分の性癖がバレてるかバレてないか・・・つまるところTwitterでの生態を見られてるか否かでした。こう考えると、大学の友達とかと絡んでる時によく感じる「あぁこれ100%の自分じゃないな」といった感情があることにも納得がいきます。大学関係というか、”リアルな方々”には全然心を拓けてない自分がいるということに最近気づかされました。じゃぁ身の回りの人に自分の性癖を暴露していけばもっと打ち解けられるんじゃないか、なんて包丁の刃の部分を握りしめて振り回すようなマネはできるはずがない。やっぱりぼくはよだれを垂らしながら、ショーケースに飾られた「憧れの人間関係」を永遠と眺めるほかないのでしょう。

 

 ・・・なんて!今日はそんな重苦しいメンがヘラってる文章を書きに来たんではないです。今のは前座です前座。これからが本題ですよ。まず皆さん(皆さんというほど見られてはなさそう)、この記事を上に戻り「カテゴリー」を見てください。・・・見ましたか? 本当?この一文を見てるあなた、スクロールしてないんじゃないですか? いや、だまされたと思って一度上に戻ってみてくださいよ。ホラホラホラ....。気づきましたか? では見た方も見てない方も一緒に答え合わせ、もうお気づきかと思いますが、「大変な途中下車シリーズ」カテゴリに追加しております!! というわけで、今日は下車をつくってるマンらしく、自分の動画の小話集をしたいと思います。

 

Second Meaven に関する小話集

www.nicovideo.jp

  無駄に長い前置き文にお付き合いいただき恐縮です。今回は、上記に示した通り過去に投稿した動画「Second Meaven」をシーンごとに振り返りつつ、実はああだったこうだったなどという懐古ごっこをしてみたいと思います。拙い内容ですが、時間つぶし程度にご覧いただけたらなと存じます。

 動画は2012年12月23日投稿(クリスマスの前日じゃないか...)、再生数では合作を除いて上から3つめに位置する超大作です(自称)。

 

 余談。記事を書いている間にFirefoxがクラッシュしてせっかく書いていた下書きがおじゃんになってしまいました。正直つらい。こまめなセーブには気を付けよう! ちょっと前座が長すぎて、色々と不便な面もあるので、お手数ですが、こまかい振り返りは次の記事にしたいと思います。ここまでのお付き合い、ありがとうございました。