読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本命と、命取り。

【予告】下ネタ

 

f:id:mia283s:20170202021345j:plain

 どうも、くろしおりです。最近は女性を連れてる男のすごくイキりきった顔によく腹が立ちます。女性と歩いてる男の人って端からみるとあんなに調子乗った表情になるんだなぁって。そうじゃない人もいるんですけどね。もっとも女性と出歩く機会の決して多くない童貞ワシが女の人と歩こうもんなら史上最大でキショい表情をしてそうなので、そう考えると女の人と出歩くのは自分には厳しいかもしれないですね。いやそう思ってもやっぱり出歩きたいもの。う~ん、このジレンマ。これが俗に言う「童貞のパラドクス」というやつですか。(パラドクスの意味わかってんのか?)

 女の子と一緒に居てみたいけど出歩くと他人の目線が気になる・・・そんな悩みを解決してくれるのがそう、在宅です。在宅デートは無敵なんですね。そういえば最近また冷えてきました。先日の心地の良い気温は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。ある日は日中と夜間で17度も温度が変化する日もありました。こんなに寒い夜更けは、家にこたつをこしらえて、メガネをかけた彼女と黙々と鍋をつつき合いながら、レンズを曇らせる彼女の目元を見つめ、目が合ったらちょっとだけ微笑んでくれて、黙々とメガネを拭く彼女をよそ目に鍋の具材を皿によそって・・・な~んてことをしてみたい人生だったなぁ。

 最近またお絵かき欲が再燃しつつあります。欲がある割には行動に移らないんですけど。この頃全くもって絵を描いていませんから、一時期熱心に描き続けていたころに比べると非常にスキルが低下していそう。お絵かきなんて、毎日コツコツと描き続けないと画力は上がらないと高校時代から言われていましたし、たまに描いて自己満足しているだけでは一向に描きたいものが描けないままになってしまいます。毎日コツコツ・・・自分が一番苦手とする行動ですね。小さい頃からこれだけは譲らずに続けている!ってこと、皆さんにはありますでしょうか。ぼくにはないです。これからは少しずつお絵かきに費やす時間を増やしていきたいですね、いずれはLINEスタンプやらが生み出せれば嬉しいです。もっとも最近かいているのは絵じゃなくマスばかりなのですか・・・。

 先日健康診断を受けました。身長と体重に関しては相変わらずの停滞状況。視力に関してはとうとう左目の視力が低下するといった事態になってしまい、誠に遺憾です。まぁ最近はスマホとばっかり見つめ合ってますし、妥当と言えば妥当なのですが。身長はよく小さい頃の夜更かしが酷いと伸びないと言いますね。昔から深夜帯の番組を見るのが好きでしたし、これに関してはぐうの音も出ません。彼氏にするなら自分より背が高い人・・・とはよく言われがち、せめて身長さえあればと思う日々なのですが、一生叶わぬ願いでしょう。ついでにいえば身長さえあれば収録の面でも得ですからね。低身長は二重の意味で損です。別に高身長なら無条件でモテるとは言ってないので、予め。

 女の子とチョメチョメしたいな~と言う自分に対し、異性との濃い経験をした方は口々にこう言います。「彼女いても良いことないよ」「疲れるだけだよ」と。確かに彼氏彼女と言えど、相手は一つの別人格であるから、人間関係がそうそう上手くいくとは思ってないですし、彼女がいるからと言ってその100%が良いことで埋まりきってるはずがないというのは、自分にもわかりきっています。喧嘩の一つや二つだってするでしょう(自分は小心者なので一度喧嘩したらもうそれで心がダメになっちゃいそうですが)し、色々と大変なことがあると思います。それでも自分はそれを羨ましいなあと眺めているんです、なぜなら今まで一度も経験したことがないから。一度くらいは女の子とデートできるような世界線を味わってみたかったものです。このまま色事の無いままにずっと老いていくのでしょうか。

 今まで6段落分と文章を書き連ねてきましたが、なんとそのうち4段落が色欲に関することでした。いやぁ酷い文章ですね。そのうち正気に戻ったら消すことになりそうです。そういえば、当ブログのアクセスが累計1000を超えました。ありがとうございます。拗らせ童貞の拙い文章しか並んでいないブログですけども、鼻で笑うなりしていただければ幸いと存じます。あ、気づけば再来週はバレンタウッ頭が・・・(突然の死)

 

 

 

 

 

 

以後彼の姿を見たものは誰も居ませんでしたとさ、めでたしめでたし。

 異性に本命チョコを渡されたい人生でした。なお自分から渡そうもんならその行為が人生の命取りとなる模様。キショオタクなので調子に乗った行動をすればすぐ裏目に出るものです。頭を冷やして、大人しく家で一人致すこととしましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。