県北、川の土手。

f:id:mia283s:20170219060948j:plain

 どうも、くろしおりです。最近ここの文章がブログ始めたてホヤホヤの頃に比べてつまらなくなってるんじゃないかと感じています。見事更新頻度も低下し始め、これはとうとう放置フラグでしょうか。記事を読んでいて鼻で笑う程度でもいいので、多少面白いと思ったらなんかいい感じにレスポンス頂ければなと存じます・・・。

 そういえばブログのデザインがちょっと変わりました。まぁ、季節も春に向けて変わりつつあるということで、それに合わせた衣替えと思っていただければ。私も色んな意味で春を迎えたいところでありますね、いつになればこの寒さから逃れ、衣類よろしく一皮むくことができるのでしょう・・・。下ネタでした。

 期末テストもとうの昔に終わり、現在は春休みを満喫しています、悪い意味で。すっかり昼夜逆転に染まってしまい、昼過ぎの起床が完全に習慣となってしまった模様。それでも「なるたけ午前中に起きたい」という淡い希望を胸に抱いては午前10時にアラームをセットするのですが、儚くもこの春休み中にその夢が叶うことはありませんでした。いや、一応起きるんですけどね、普通に二度寝しますよね。ちゃんと二度寝するときには時計上部にあるスヌーズボタンを押すに留まらず、時計の裏についている「アラーム自体のスイッチ」をちゃんと切ってから、当日二度とアラームが鳴らないようにしている執拗っぷり。もはや二度寝の天才では。ウェーイ。

 期末テストもとい成績発表の話はやめましょう、今月の重要禁句です。言うと自宅が爆発します。それくらい酷かったです。実家にも通知が行くので、もしかすると親から「遊び過ぎで成績落とすなら春は帰ってくんな」などと言われる可能性すら無きにしも非ず。実家出禁。3月は広島に目当てがあるだけに避けたい事案でありますが、まぁ自業自得ですわな。

 

 

f:id:mia283s:20170219063054j:plain

 ここのブログではいつも記事に何かしら画像を添付するのが慣例となっています。特に文章との関係は持たせたり持たせなかったりとまちまちですが、直近の旅行で撮ってきた写真をちまちま載せていることが多いようです。ただ文字だけの記事を読むよりかは、写真が1枚くらい添付されてた方が彩りがあって良いのかなと思ってこうしてるのですが、実際のところどうなんでしょう。まぁデザートに添えられたミント程度のものなので、だれも気に留めずに見んと思いますが。

 ただこの画像に関して、ここ最近はずっと芸備線の画像ばかりを貼っていたことにお気づきでしょうか。いつしかの更新で記載した通り、今年の1月に芸備線の三次~備後落合を訪れておりまして、写真はその時に撮られたものです。上京する前は広島に住んでいた私ですが、当時芸備線には殆ど乗ったことは無く、行ってもせいぜい矢賀で、素股にも及ばない乗車距離でした。反して上京してからの事、どういった風の吹き回しか、ある理由で去年の年始に芸備線を訪れる運びとなり、再履修と称して先述の通り今年の年始にも訪れることになろうとは。ついでに言えば来月も行く予定があるのですが、一体なぜこんなことになったのでしょう。

 

 

www.nicovideo.jp

 きっかけはこちらの作品。圧倒的つよい下車作者の方筆頭でありますおあととさんの山田線MADでございます。このゆったりとした作風でかつ念入りに取材されてできた動画に魅せられて、軽々しくも「ワオもつよいローカル線MAD練るぞ!」宣言をした結果がこの芸備線取材(現状2年目)。山田線作品でも作中に雪が見られますが、私はこれにも感銘を受けまして「雪まみれの鉄道写真を撮りながら取材するぞ~」と意気込むこと2016年の1月初頭、にまめさんと広島から三次を経て広島の県北へと向かう運びとなりました。タイトル回収。

 

 

f:id:mia283s:20170219071515j:plain

画像は2016年のもの。暖冬との予報が出ていたため察しは付いていたが、積雪は一切なし。

 大阪発の夜行バス「山陽ドリーム広島号」で広島入りした後、芸備線の三次行き始発列車の車内にてにまめさんと合流。三次で備後落合ゆきに乗り継いで良い感じの取材を進める予定でした。・・・でした、というのは、三次で乗り継ぐ予定の列車が実は特定日のみの運行であったために当日は存在せず、次発の備後落合行きまで4時間程度待ちぼうけを食らうというガバを私が犯し、後の行程に悪影響を与えてしまうことになったからです。ついでにいえば来年(もとい今年)の再履修における引き金にもなってます。

 三次4時間抑止問題は色々ありまして駅から数分歩いた位置にある「三次図書館」にて時間を潰すこととなりました。公共施設である当図書館は三次市民でなくても無料で本が読めます、いわゆるフリーライダーってやつですか。図書館で過ごした後は再び三次駅に戻り、備後落合行き列車に乗車します。最初からわかってればわざわざ広島から始発で出てくる必要なかったんですよね。

 

f:id:mia283s:20170219130007j:plain

三方を山に囲まれた備後落合。「落合」の名の通り、複数の川の合流地近くに位置する。

 芸備線取材一行は終点の備後落合まで乗車し、折り返しの十数分間をこの駅で過ごします。この時刻には木次線や新見方面の接続が設定されており、18きっぷシーズンであったこともあってかホームは多少の人で賑わいを見せておりましたが、各方面への列車が出発すると、一瞬にしてホームはものけの空と化してしまいました。

 帰りはどこか沿線で列車を撮ろうということになり、途中の比婆山にて下車することに。いかんせん本数がなく、列車が来るまでは比婆山の駅でしばらく滞在してから沿線にて列車撮影。本命は動画なので、いずれ出来るであろう芸備線MADでのお楽しみ(お楽しみというほど絵になる動画ではないが)

 

f:id:mia283s:20170219131417j:plain

比婆山駅の看板。国鉄時代の時刻表のような何かの使いまわし...?

 比婆山付近で列車を撮影してからは、例のごとく次の列車は来ないのでお隣の備後西城まで歩くことに。芸備線と殆ど並走している国道183号線の歩道を3.2kmほど南下、到着する頃には日が暮れてしまいましたが備後西城駅へと到着です。当時はローカル線の駅区間を歩くなんて経験したことがなく、距離もそれなりに長いように感じてましたが、今年のそれを体験した今から見てみればミジンコ程の至近距離ですね。あとにまめさんとお喋りしながら歩けたのが大きな要素かと思います。一人じゃ寂しくて無理ですわな。

 

f:id:mia283s:20170219133135j:plain

 備後西城にて三次行き列車を待ちます。ホームにイルミネーションが施されており、列車がホームに近づくとキラキラと光り出す光景にどことなく人間の営みを感じる次第。後々調べてみれば、西城地区で芸備線をつかった地域おこし的な取り組みがあるらしく、イルミネーションもその一環のよう。列車に乗った後は三次にて広島行きに乗り換え、各々当日の宿泊場所へと解散して終了となりました。

 

 ・・・となんだか後半はただの旅記っぽくなっちゃいましたね。要は「最近芸備線にハマっている」ってことです。そしてご覧の通り、ガバな行程計画により結局沿線で撮れた列車は比婆山だけで、これでは動画を練る時に素材不足で泣くこと間違いなし。このままではおあととさんのようなつよ~~い下車を生み出すことは出来ないぞ(あと雪全然降ってなかったしね)と、リベンジの気持ちで来年...もとい今年の芸備線収録を胸に誓うのでありました。実際のところ今年は前もって時刻表を作ったりGoogleMapで沿線の撮れそうな箇所を探したりとそれなりに意識の高い予習が功を奏し、色々なカットを撮影できたかと思っています。

 ただ取材当日に、並行する国道183号線を芸備線の1145141919倍くらいの本数で路線バスが走っていたことが発覚し、事前学習のツメの甘さを痛感。そういえばかの山田線も106急行バスを使用して取材されたみたいですし、鉄道路線と並行するバス路線の確認は取材前の必須項目と言えるでしょう。

 

f:id:mia283s:20170219135026j:plain

 そんなこんなありまして、2017年冬の陣では三次~備後三日市に匹敵する距離を歩き通してしまうなど色々な出来事があったのですが、これはまた別の機会にお話しできればと。あと、3月に行く予定の芸備線取材はちゃんとブログの「旅記」としてまとめられればなと感じる所存であります。

 今回は広島の県北にまつわるお話がメインとなりましたが、いかがでしたでしょう。いかがというほど大した文章じゃないのは毎度おなじみですけど、暇すぎて身長が縮みそうって時の時間つぶし程度に読み合せて頂ければ幸いです。

 県北と言えば岡山。実は来週その岡山に行ってきます(県北には行かない)。今までは広島の帰省道中「新車の悦びを知りやがって、許さんぞ」のごとく通過するだけの土地でしたが、気づけば広島の新車ウェーブに取り残された模様。そもそも岡山って何が有名なんでしょうかね。桃太郎?吉備団子?・・・ネットミームに脳みそを溶かされた私には変態糞土方の印象しかありませんでした。失礼。

 

www.miryoku-harenokuni-okayama.jp

www.okayama-kanko.jp

 くだもの栽培が盛んみたいですね。特に先述した桃や高速バスの名前にも冠されるマスカットなどは全国シェア1位とのこと。あと興味深かったのは「都道府県立図書館個人貸出数」「防犯ボランティア団体構成員数」なども全国1位を誇るみたいです。たった今適当に仕入れた知識が現地でどう役立つかは知りませんが、とにかく岡山を楽しんできたいと思います。あと四国も行きます。今日はこの辺で、最後までお読みいただきありがとうございました。では!