読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🔊 リバチー (とーぶちほー)

www.nicovideo.jp

 どうも、くろしおりです。最近、良い感じのブログタイトルが思い浮かばないかなぁって色々思案しているのですが、これといったアイデアが中々降ってこず辛い思いをしております。今のも別に嫌いじゃないのですが、なんというか安直というか、もうちょっと一捻りした感じの名前にしたいところよなぁと思うばかり。例えば途中下車作者である瀬戸内さんのブログタイトル「新しい風に乗って」なんていうのはその筆頭例です。個人的にすごくグッと来てます。というのも、何気ない言葉ともとれるフレーズの中に個人の趣味的な要素が良い具合に組み込んであるところが非常にシブくて、今回の場合だと「新しい風」が夜行バス「ニューブリーズ号」を指していると。かつては広島電鉄も共同運行していた「ニューブリーズ号」ですが、見ての通り直訳すると「新しい風」になります。この安直過ぎずに個性を出せてる感じがつよいな~っていつも指くわえながらブログ読ませてもらってます。もっとドシドシ更新して、どうぞ(応援)。

 そんなこんなで色々と考えてみたものの、個人的にグッとくるタイトルが浮かんでいないのが現状。なんかそれっぽいフレーズあったりしませんかね。好きなものを思い浮かべて・・・「くろしお」「海」「柑橘類」「いちご」「鳥類」「白」「女の子の靴下」「(自主規制)」「(自主規制)」「(放送禁止ワード)」・・・。ろくなものが浮かんでこないのでやめておきましょう。

 

 さてさて、このブログをご覧になる程の方ならご存知の方は多いかと思われますが、先日新作を投稿しまして、そのお話をば。そもそもこの話をするつもりで更新したのです。

 

 

f:id:mia283s:20170517233253j:plain

 グノシー...そうです「東武動物公園」に行ってました! 巷で話題の大人気アニメ「けものフレンズ」とのコラボイベントで、作中に登場する「おにいさん」や「おねえさん」たちの解説が生で聞けるなどの企画が開催される!! というわけである方々にお誘いを頂きまして埼玉の方へと足を伸ばしてまいりました。名前だけはよく聞く動物園でしたけど、遊園地も併設されてたんですね。次行く機会があればそっちも寄りたいナァ。

 東京のアンダーグラウンドを良い感じに乗り換えたり直通したりしつつ東武スカイツリーラインに突ぅずるっ込んでやるとおよそ1時間で到着します。春日部の次の次くらいですね。東武と言えば東上線くらいしか利用しないので、いわゆる下町の方の鉄道に乗るのは大変新鮮なものでした。押上を過ぎたあたりからトンネルを抜けるとそこは一面の銀世界・・・ではなくスカイツリーが建ってたり大きな川があったりしますね。

 直通力ぅ・・・ですかね。遠いところに、スッと、乗り入れできる路線でして、結構遠いところが好きなので、軽々と1時間2時間は余裕で運用してくれますね。

 有名な下車作品が多く輩出された路線という事で、駅名だけは元々知っているものが多く、途中通過したりするたびに「あっここかぁ、ええやん」などと、ほぼ聖地巡礼みたいな状態。ある程度走っていくと高架の複々線となり、並行する日比谷線の電車と抜いたり抜かれたり。種別的にこっちの方が早そうなのにゴリゴリ追い抜かれていく様は、中央特快に乗ってる時の東西線を思わせますね。などとお話しながら乗っておりました。

 

f:id:mia283s:20170517235352j:plain

 一行は無事東武動物公園に到着し、園内で動物を見たりしてました。動物園に出入りするの、いつぶりでしょうか。本当に久々だったかと思います。あまり動物には詳しい方じゃないですけど、何考えてるのかもわからないような動物がもごもご動いてたりするのをじっと眺めてるのは楽しいですね。当日は予報通り雨でしたが、ある動物はそれが冷たく降り注ぐ中でうんともすんとも言わず柵の外の草をむさぼってたり、また別のものは屋根の下でじーっと動かないでいたり、ほんと何考えてるんだろうなぁって思いをはせるのも個人的にツボな営みでありました。

 今回のイベントの大きな目玉でもある「解説」では、アニメで聞いた声が生で聞けたりして楽しかったです。雨の中でも多くのフレンズが来場しており、解説の時間にはその動物の前には大きな人だかりができるくらいでした。さながら激パとでも表現しましょうか。人が多く近くで話を聞くことが出来ないこともありましたが、とにかく楽しかったです。

 

f:id:mia283s:20170518002949j:plain

 ガチョウのエサやりなんてのもありました。入口に鎮座する1連ガチャ(200円)を引くことで、最中に入ったガチョウ用のエサを手に入れることが出来ます。あとはそれを手にもってガチョウたちに献上するだけ。にしても鳥類は可愛いなぁ。来世は可愛い女子高生の家に飼われたセキセイインコあたりがいいです。

 エサを手に持ってるので当たり前ではありますが、周囲のガチョウが鳴きながらこっちに群がってきます。奈良公園の鹿を連想するみたいな話をした気がしますが、あそこも群がり方がすごいですね。奈良公園へは修学旅行で1度だけ行ったことがありますが、あそこの鹿たちは手にせんべいがあるだけで我先に顔を近づけてきて大変だったような覚えがあります。鹿と言えば日本三景の一つである厳島神社を擁する「宮島」にも多くの鹿が徘徊していますが、あそこの鹿はあまり人間に媚びない気がします。まぁそもそも鹿せんべい売ってませんしね。

 

f:id:mia283s:20170518003850j:plain

 シマウマです。シマウマにも色々な種類があるみたいですが、よくわかりません。この区画にはシマウマとキリンが居るのですが、先述の通り雨が降っておりまして、皆さんはこうして屋根のある場所でひたすらじっとしていました。キリンはちょこちょこお散歩してたみたいですけどね、寒くないのかなぁ。

 にしてもこのシマウマの神妙な顔、一体なんて表現すればいいのでしょうか。少なくとも楽しそうではないように思われます。雨降りに気分が上がらないのは人間もそれ以外も変わらないのかもしれません。

 

f:id:mia283s:20170518004218j:plain

 ふれあいコーナーなるものがありまして、ヒヨコとモルモットとウサギが居ました。終了時間間際に行ったのでウサギだけ触れませんでしたが、実家で飼ってるので帰省した時に思う存分モフってきます。

 ヒヨコ、どちゃくそ可愛い。ヒヨヒヨ鳴きながら走ったり転んだり、もう永遠と眺めていられるような気がします。暖かいところがすきみたいで、多くが電球に照らされたところに集まっていました。

 

f:id:mia283s:20170518004628j:plain

 ふれあいコーナーということでもちろんお触りもしました。上手い人だと手のひらの上でヒヨコが眠っちゃうみたいでしたが、あいにく僕の手の上で寝ることはありませんでした。ぼくも女の子に包まれてぐっすり快眠したいなぁ。

 

f:id:mia283s:20170518004830j:plain

 先ほどから散々画像を上げてますが、ペンギンも見てきました。やはり王道の可愛さです。グレープおじさんでも一躍有名になったみたいですね。(愛嬌に)ブルっ・・・ちゃうよ。まぁ一番ブルってんのは写真自体なんですけどね。雨降りの中頑張って片手で撮影したので許してください!和三盆!

 

【 和三盆 】とは (wikipediaより)

 和三盆(わさんぼん)は、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種である。黒砂糖をまろやかにしたような独特の風味を持ち、淡い黄色をしており、細やかな粒子と口溶けの良さが特徴である。三盆の名は、「盆の上で砂糖を三度「研ぐ」」という日本で工夫された独自の精糖工程から来たもので、高級砂糖を意味する。

 

f:id:mia283s:20170518005919j:plain

 にしてもペンギンはかわいいですね。かわいいなぁ。毛づくろい大好きかよ。

 

 そうこうしているうちに帰りの時間が近づいておりました。朝から出発して結構長い間滞在してたはずが、楽しい時間はあっという間とよく言われるように、本当にあっという間でありました。次回、機会があれば晴れた日に一眼を携えてぜひ来たい限りです。

 

f:id:mia283s:20170518010321j:plain

 さてさて帰路となりましたが、ちょっとワガママを言わせてもらって、春日部から乗り継ぐ形で東部の新型特急こと「リバティ」に初乗車させてもらうことになりました。春日部では1編成ごとに乗降口が1つに限定されており、ドア前に係員が立っている光景が独特でした。

 

f:id:mia283s:20170518011109j:plain

 「汎用特急」と言えど最新型、車内設備はかっこよくてスマートで、客室へと入った瞬間の気持ちの高揚は忘れられません。座席には和風そうな柄があしらわれており、前座席裏面と肘置きの中にそれぞれテーブルが格納されています。

 

f:id:mia283s:20170518023515j:plain

 車内案内のLEDはこんな感じ。E235の行先表示みたく、良い感じにグラデーションができる技術が盛り込まれています。色のメリハリもはっきりしているので、下手にLCDとかにされるよりこっちの方が良いのかななんて思ったりします。

 

f:id:mia283s:20170518023835j:plain

 およそ30分の乗車で終点の浅草に到着。久々の有料特急でしたが、やっぱりたまらんですね、最高のひと時でありました。やっぱり心が躍ると言いますか、特急列車はいいなぁ。いつかは浅草から会津の方まで乗り通してみたい!

 併結が前提とされた車両ながら、ある程度流線形に近づけられた独特なフォルムを持つ車両(500系といいます)ですが、個人的には頭でっかちな印象を受けるのが本音。ただ写真のように目線を少し下げてみてみれば結構かっこよく映るような気がします。沿線で撮影したらまた色んな表情が見られることでしょう。機会があればぜひとも撮影しに行きたいですね~。

 

 ・・・新作の解説をする前に当日の思い出話という長い前説を書いてしまい、本来書こうとした新作にまつわる話を書きそびれかけていました。いや、当日の話も本来書こうと思っていたことです。話題の展開の仕方って難しいですね。本来はあらかじめ話の流れを考えてチャートにあらわし順序立てて書くべきなんでしょうが、ここでは思ったがままに書き連ねさせて貰おうと思います。見にくいでしょうが、どうがご容赦を。

 

 というか、上記の思い出をそのまま下車に合わせてダイジェスト化したのが今回の新作なので、改めて何やら解説することは無いのかもしれません。職業柄、楽しい鉄道旅行(今回は比較的近距離ですが)をしたときは、それをまとめた下車を作りたくなるもので、今回はそれが自分の中では上手く表現できたのかなぁ、とか思っています。他に例を出せば「My December Shikoku」「Valanga-Delayed-」「【祝】千本新車【広島】」などを挙げられるかと。どれも特定の旅行やイベントにまつわる形をとる下車です。

 まぁなんというかよくわからない説明になっちゃいましたが、雑に説明すれば、旅行から帰ってきてからブログに「●●日の旅行記」などと銘打って1つ記事を書き上げるみたいなニュアンスと受け取っていただければ掴みやすいかなと思われます。要はそれの音MAD版といった感じです。

 

 見所・・・というほど細かいところまで編集が行き渡ってないので恐縮な限りですが、「ロゴマークのアニメーション化」なんかはここ最近の自分の動画にはありがちなものになってきましたね。今回はリバティのロゴが中央から広がっていく雰囲気になりましたが、初めてこのロゴを見た時の印象が「折り紙で折ったみたい」だったので、それをそのまま表しました。仕組みは簡単で、四角を斜めクリッピングで半分にしてからY軸やらX軸やらの回転で回すだけです。

 ロゴマークのアニメーション化は他の投稿動画ではくろしおの単作に用いられていますが、リバティでの編集はAviUtl内で編集が完結できるのでくろしおの比じゃないくらい楽でした。くろしおの時は波のイラストをGIMPなどで描いたり、イルカを描いたり、画像からロゴの文字を切り取ったりとAviUtl外での編集作業も多く、なかなかの労力を要しています。そんだけ時間を費やして作ったものがたったの0.5秒くらいでババーッと流れてしまうのだから儚いものですよ。

 他の要素としては、フリーで公開されている背景素材を用いたことで、これにより単色で表現される部分が安っぽく見えるやつを解消できたのではないかと。和紙や布などの背景画像を置くだけで、同じ単色の「図形オブジェクト:背景」を置くだけよりかはグッと雰囲気が出るかと思います。ちなみに今作では単色化のエフェクトをかけて俺好みの色調にしてます。

 

 ざっとこんな具合でしょうか。他にも何かあればコメントなりリプライなりで送っていただければお答えするかもしれないので、お気軽に聞いていただければなと思います。それでは、今日はこの辺りで〆させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。